グリルのステー折れ補修(デルタお約束)(2018.12.30)


Gril

いやぁ、寒いですね。寒波がやってきて、ほんとに寒い。
昨日はGくんを洗車して、今日はこる象を洗車しようかと思いましたが、寒いのでパス。
雨の日に走っていないので、こる象は綺麗なんで、大掃除はいいかなと。
その代わりに、先日気付いたグリルを補修してやることにしました。

ステー補修パーツ

上の写真が補修パーツ。グリル側のステーにジャストフィット。
精度的にも申し分なし。但し、お値段(7260円送料別)は高すぎる感じがしますね。
DELTAのパース系はココ!
まあ、アルミの細板を買ってきて、自作しようと思いましたが、ポン付けで、これはこれでは楽でした。

こる象グリル

青象のHFバッチも新しいものに変えて、グリル上のワンタッチマジックテープも
貼り直して終了。さあ、車庫に行ってグリル付けて来よ〜っと行ったら・・・・
年明けメンテしなくてはならない事態に(涙
やはり、デルタのグリル脱着は、冬にやってはいけませんね。そもそも青象バッチを変えることから始まったし・・
デルタ直せば壊れる・・・来年のメンテに続く・・・



チューンドメニューへ(Tuned Menu)