DCS 2005 Mihama Round (2nd Corsomarche Cup)

 2nd CMC

  台風接近の中、奇跡の神風!


DCS 2006 R3

9月に開催されましたDCS2006第3戦、CMCも第二回。
中部地区のデルタフリークによるコラボレーションの下、コルソマルケさんの主催で、今年もLido美浜サーキットにて盛大に行われました。
当日は台風13号接近の中、多数の象使いが集い、50台近くのデルタ&イタ車が集結したのです。
写真提供:電脳職人さま


美浜コース図

今年は誰もが雨を予想したことでしょう。
主催側も雨を想定して、無理の無い安全なコース設定ということで、去年と同じの設定です。
競技じゃない、お遊びのイベントなので、やはり安全第一。主催者側の配慮が素晴らしいです。
今回のコースは関西のあべちゃん設定の去年と同じスペシャルステージ。
さて、こる象の美浜の課題は、今回は今春導入したDog&FDEFの威力を確認すること。
シフトポイントも去年と異なるので、期待と不安が入り混じった感じでした。
朝の天気は曇り。しかし、名古屋は蒸し暑い。徹夜で走ってきて、朝からのタイヤ交換で汗がダラダラ。
軽く気が遠くなりました。

パドックの象さん達 パドックの象さん達2 Gr−S Gr−S

なんとか雨も振られずにすみました。
電脳職人さんのLinkに画像がUPされています。コチラも見て!

兄弟?

なんか似てる2台。兄弟の様です。

SS2で何とか44秒台を叩き出し、その時点で、クラス2位。前は王者キートス氏だ。
SS3を制する者がDCを制す。去年の美浜ではミスコース寸前で撃沈。スタート前はパイロン、パイロンと呪文の様に
呟いておりました。今回は、強豪のトイボゲン選手、師田選手、りーだ選手等エントリしていないので、こういう限られたチャンスを
ものにしないとレースは勝てません。と思って気合を入れすぎた結果は・・・1コーナ迄臭〜いスタート。
あ〜。TheEND。この気持ち、りーだ選手なら判ると思います。(昔のIPC)
スタートのミスでフリップ荒井選手にもヤラレましたが、何とか表彰台を死守。
キートスさんに初めて?顔射出来たのでした。ごめんなさいね。キートスさん。シャンパンがロゼ甘だとは・・・
荒井さんにヤラレタのは一生の不覚。あー悔しぃ!細い目が更に細く「やったー。チャンプに勝ったー」って言われた時は
ハラワタ煮えくり返りました。岩瀬さんも上位入賞。うぅ〜ん。リーダ号は速い、何とかしなくては。
Gr−Bはえー!あの人がGr−Bかよ!ってな感じの関西最速軍団がエントリして、表彰台Get。
Gr−Aはジアラのオクムラ選手が2連覇。オクムラさんのSS3をピットウォールで見ていましたが、とてもスゥイートな走りで
運転が旨かったです。シケインのラインは参考にさせてもらいました。車高から見てあまり弄っている様に見えなかったのですが、
吊るし?のデルタで、あのタイム。恐れ入ります。

DCS2006R3の結果詳細はこちら!(DeltaCupSeries2006 Round3 Results)


栄光の表彰台A 栄光の表彰台B 栄光の表彰台S

(写真提供)電脳職人さま
 
今年もDCS美浜ラウンドは大盛況で幕を閉じたのでした。Corsomarcheの上田さん、
お疲れ様でした。ほりごTさん、タイム集計お疲れ様でした。
最後に、あべちゃん、いわたさん、その他関連スタッフ一同様、お疲れ様でした。

しかし、SS2はおもろかった。F1の予選の様でした。
こる象が44秒台を叩き出した後、またピットからアタックに出て行って、更なる速いタイムを
叩き出す、キートス氏。敵ながらあっぱれでした。見ていた人は楽しかったと思います。(Gr−S見たいぞ)

記念プレート

<番外編>遠征の疲れは温泉で癒す。

海辺の温泉

美浜ラウンドは温泉があるから好き。海炎温泉。しょっぱい温泉でした。



メニューへ(Event Menu)