こる象解体新書 第1章 きらきら星が・・(=明日は我が身シリーズ=)


ここからは、こる象地獄の闘病記を衝撃映像を交えて、ノンフィクションでお伝えします。

2000年12月24日に筑波で病に倒れてから、早4ヶ月近く。
2001年のGW前の5月2日、久しぶりにこる象は高い高いされて手術台へ・・そして心臓摘出手術が開始されたのだった。
左は心臓摘出前。右の写真は摘出された後のこる象。

摘出された問題の心臓。大丈夫か?こる象!下血が痛々しい・・。

こる象の心臓本体を搬送すべく、解体作業により補機類はバラバラに・・

そして、心臓本体は救急医療センタである、某秘密基地へ搬送されたのであった。

そこで、見た物は・・・・・(ヒェー!恐怖!!)
 
 

何て綺麗なキラキラ星が・・?!

衝撃映像その1:オイルパンの中身!!

そこには、金属の破片がキラキラと光るのであった。果たしてその正体は?

がんばれ!こる象。 − 死んだら負けだ。−(PILA語録より)
 To be continue (つづく・・・・)



第2弾を見たい人はこちら
トラブルメニューへ(Accident Menu)