11th Delta Cup 2005

  今年も70台近くのエントリー!恐るべしDELTA熱


いざ出陣!

今年の11thDCは2005年7月17日に新装された富士スピードウェイにて開催されました。
当日朝は生憎の天気(霧)でしたが、フリー走行時には路面もドライに。今年は開催場所の変更にも関わらず70台のデルタが富士に
集結しました。


DCパドック風景1
 DCパドック風景2 DCパドック風景3
 
DCパドック風景4 DCパドック風景5

10年以上前の旧車デルタが70台近く集まりました。
デルタワンメイクに拘るDCは見ていても壮観です。
(写真提供はDCS協力有志の皆様)

コース図

さて、今回の舞台である富士スピードウェイのショートサーキット。
DCではA1ルートを使用した、全長810m程度のコース設定です。ポイントはやはり3コーナからの
登りのセクション。3から6コーナまでいかに踏めるかが重要なポイントとなります。上のコース図の
丸印部の写真も合わせてご覧下さい。(画像にマウスを当てるとコーナ解説が表示されます)

スタート 1コーナ 2コーナ 3コーナ 3コーナアウト 4コーナ 6コーナ(上からの図)

ご覧の通り、コース幅も広く(12m)スピードレンジは伊那より速いですが、安全なサーキット。
こる象も初めて走りましたが、伊那より若干固めの足のセッティングで丁度良い感じでした。走った感じでは、5コーナから
6コーナのクリップがまったく見えないのでちょっと怖いのですが、裏ストレートのスピードを載せるためにも、この6コーナは
非常に重要です。6コーナのアウトはバリアとの距離が少なく飛び出るとクラッシュに繋がるため、ここだけは慎重に走りました。
このコーナはかなり余裕を持って今回は走りましたので、今後はここが課題と思ってます。
とても楽しいコースであることは間違いありません。

作戦会議

コース図を見て作戦会議。旦那大本さんに、ラインの確認をしてもらっていました。
MRCはメンバ同士でサーキットスキルの上達を目指す、クラブマンの集まりです。秘密のラインもみんなで共有。
目標はダークサイドである打倒O3に燃える面々なのです。
MRCは新規会員を募集中です。デルタが好き!走るのが好き!O3Rをやっつけたい方、入会をお待ちしております。

こるぞー  ヒデキオレンジ

今回は、MRCのオレンジ。会田さんのデルタもサーキットへ復帰。
MRCはとても色鮮やかなデルタが揃ったのです。

ピッラ 旦那 こる象 ヒデキ 社長

MRC専属カメラマン、ヒロさんのショット。

デルタカップ2005の結果詳細はこちら!(DeltaCup2005Results)

デルタカップシリーズ年間ポイント(DCS2005Point)はこちら!


表彰台

MRCは北陸の覇者がGr−Sを奪取。こる象はSS3の大逆転を狙うも、ガス欠で万事休す。
3コーナの上り傾斜によりガソリンが偏りエンジンが噴けずにここでTHEEND。SS3は最低なタイムでした。
他のMRC軍団も富士の藻屑と消えたのでした。
唯一、表彰台を死守した、Gr−A参戦の魚田選手。切れた走りのヌレヨンしんちゃんには及びませんでしたが、
見事表彰台ゲットです。おめでとう!ウヲタくん。よくがんばった。次はヌレしんさんをやっつけて!

表彰台

MRCで記念撮影。ウヲタ選手を囲んでMRC専属レースクイーンも一緒に記念撮影です。
左がよーちんさん。右はほたるさんです。ARCにも来ていますので、応援してあげてください。
しかし、ウヲタの顔のうれしそうなこと。ムカついて来ました。(^^;



メニューへ(Event Menu)