また来た!毎月のお約束!4大ガソリン漏れ原因を遂に制覇!!


匂いの元


さあ、2005DCSも2週間後に迫って来ました。今シーズンの締めくくり
であるDCSファイナル戦です。戦いの前のプリパレーション(準備)は非常に大切。
10月のチャオイタでは、サーキットでお漏らしが発覚。何と、5台積みのトレーラ上段
でガソリンダダ漏れ状態で兵庫まで行っていた事が後から判明し、あわやMRC全焼全滅に
なるところでした。(汗)
今回の状況は、満タンにするとガソリンが漏れるという症状。
実は、セントラルではタンク蓋部のL字フィエールノズルの根元からの漏れている様子であったため、
てっきり、ノズルのOリング不良と判断。お約束のプラ製L字フィエールノズルは純正の
ままだし、この際、対策品に代えようと一応部品は購入しておきました。
純正はプラ製なので、経年劣化でポキッと逝って漏れるケースが非常に多いです。
対策品は真鍮製で折れることのない、ディーズクラフトさんの製品です。

赤と白のノズルは折れると純正はアッシー交換となるそうです。
下の写真は交換した純正部品。幸いノズル部のひび等はありませんでした。
純正ノズル
さて、プリパレーションの話の続きですが、とりあえず、先日サーキットでフィエールノズルを固定
し直して見たところガソリン漏れは修まったので、テッキリ原因はそこだと思っていましたが、
本日、念には念を入れ、マッシモに行く途中でこる象を満タンにしてやったところ、何か臭い。
舎人に着いてこる象の下を覗き込むと、あー!ダダ漏れ状態。
ふーっ。確認しておいて良かったです。DCSファイナルを欠場するところでした。
マッシモで早速事前に購入してあった対策品のクランプに交換してやります。しかーし、漏れが修まりません。(涙)
よーく見ると、タンク上部の蓋の淵からタンク上部へポタポタとガソリンが滴っているでは
あーりませんか。あちゃー。フィエールノズルじゃねーのかよ。(涙)
泣きながら、ガソリン満タンのタンクから、ガソリンを浴びながらポンプで15L近く抜き
タンク蓋部を燃ポンごと引く抜くと、犯人のゴムパッキンは見事にヤレており、
ベロがビロローンとなっていたのでした。(黄色矢印部参照)

犯人のパッキン
証拠写真

原因はコレ!と判明し、早速、部品交換となりましたが、
こういう時に助かるのが主治医のモトーレアルマッシモ。
デルタのお約束系パーツは各種センサ等も含め常時在庫しているスペシャルショップです。
燃料タンク上部の蓋のゴムパッキンを新品に交換し、何とかお漏らしは完治したのです。
結局、以前のお約束でご紹介した
お約束ガソリン漏れの項番Aのタンクの上蓋パッキン劣化でした。
しかし、デルタのガソリン漏れは鬼門です。
こる象はガソリン漏れ4大原因を11年目にして全て制覇したのです。(うれしくねーぞ)
確かに、ガソリン臭かったんだよなー、後、セントラルに行く直前に満タンした時ですが、
57Lも入りました。いつもよりガソリンが入っちゃう、こんな症状が出たら、間違いないです。
皆様もくれぐれもご注意下さい。パッキン劣化は必ず来ます。
デルタも10年選手。皆さんの象さんも時間の問題なので、早めの対処をお勧めします。
さもないと燃えます。マジで。
臭かったら、必ず何かありますです。燃えてからでは遅いですよー!!

2005年11月時点でのお約束の数々。
以下に11年間のお約束の数々を紹介。
1.バッテリートレー破損(止める部分が割れました):納車1年目
2.クラッチレリーズ:3回交換
3.クラッチマスター:2回交換
4.ブレーキマスター:2回交換
5.タイミングベルト:5回交換
6.ガソリン漏れ:4回(エンジン内、タンクのプラナット、タンク上蓋パッキン、タンク上部ノズル)
7.ドライブシャフトブーツ:4回交換
8.ステアリングブーツ:1回交換
9.ブレーキキャリパOH:2回(フロント/リア)
  ブレーキキャリパ交換:1回(フロント)
10.オルタネータOH(ICレギュレータ交換):2回
11.ラジエターホース(アッパー、ロワー)交換:1回
12.ウォーターポンプ交換:2回
13.IEランプ点灯(コネクタ接触不良):1回
14.バッテリー交換:5回
15.タービンOH:1回(EVO2)
   タービン換装:1回(EVO1)
16.ファンレジスター交換:2回



トラブルメニューへ(Accident Menu)