初夏の筑波でバトル〜EuroCup第2戦〜


 2002年6月8日に筑波サーキット2000にて、EuroCup第2戦が開催されました。 今回の目的は、筑波フルコースでのミシュパイスポカップの実戦導入です。 この日の日差しは殆ど真夏。路面温度も非常に高めです。風があったため気温はそれ程なかったものの30度近かったハズです。第2戦はエントリ台数も 多く、クラス1,2混走となり、非常に楽しい(苦しい)レース展開になることが予想されました。今回のこる象は前回(第2戦)の入賞によるハンディ +5秒が加算されるため、最初から目を三角にした走りをする必要が無く初夏のレースを楽しもうというメンタル的には楽なレースとなりました。


まるで梅雨明けした様な初夏の筑波

MGSからは3台が参戦。こる象とデビル1号。
チャンピオンナンバーのちぇ号はちょっと元気がありません。

未だに直してもらえないタービンで元気に走るこる象(涙)

暑くて死にそう!社長!早くエアコンガス入れてくれ!

暑くるしい黒のくせに、エアコン全開で走っていたデビル1号。ハッキリ言ってムカツク。



 今回の筑波は、もう一つの目的がありました。Massimoで開発中である、新幹線パッド。その名も ”のぞみ”のサーキット実戦導入です。色々なデータを取得し、今後の開発に力を添えました。このパッド、ローターへの攻撃性は 大きいものの、車重が軽くなったかの様な錯覚をするほど効くパッドでして・・・商品化も急ピッチで進むことでしょう。乞うご期待! ということで、今回のこる象は前回のハンディ(+5秒)があったにもかかわらず見事6位入賞。ポイントをGetしたのでした。 無事これ幸い。


レース結果はこちらから!


あー今日は何にも収穫ねーなと思いお片づけをしていると、表彰式の方で私を呼ぶ声が・・・・
何とフェロード賞を受賞!橋本御大!ありがとさんです。グラッチェ!グラッチェ!(phot by I.P.C)



メニューへ(Event Menu)