2005年、夏!黒パン12時間耐久に参戦!!
耐久は12時間だけでは無かった


ゴール後の記念撮影

H17.7.30ツインリンク茂木にて開催された、アイドラーズ12時間耐久レースに参戦して来ました。、 我らMGS(MassimoGestioneSportiva)のレーシングカー、通称”黒パン”、伊名”ネロパンティーニ”を久しぶりに引っぱり出し、12時間耐久に完走すべく、念入りにメンテナンス。 ステージは泣く子も黙る、もてぎのフルコース。一周4.8kmの本格サーキットを果たして全開で12時間走りきることができるのか。
MGSワークスドライバーの12時間の戦いのドラマが繰り広げられたのでした。

我がMGSの耐久チャレンジは今に始まったものではありません。
スプリントレースとは違った、みんなで襷を繋ぐ耐久レースのチャレンジは90分耐久から始まり、
3時間耐久、そして今回の12時間耐久へとステップを踏んできたのでした。耐久はとてもお金が掛かります。
当然、みんなでお金を出し合って走るのですが、今回はパンダ資金も底を尽いたため、新規メンバの加入
により資金を調達。何とか予算的には参戦出切るだけの資金を集めることが出来ました。
耐久レースも一つのプロジェクト。プロジェクトを遂行するためには、計画が一番大事です。
今回、こるまるは全体計画の立案及び進捗担当というゼネラルマネージャー
を仰せつかり、2ヶ月前から耐久は始まっていたのです。
MGS耐久参戦計画書はこちら。

以下が当日のスターティングメンバです。

 1st Dr Hiro岡本選手   ARC参戦Dr     156 V6
 2nd Dr 旦那大本選手     ARC、DCS参戦Dr 147GTA、Evo2
 3rd Dr 横チン選手      ARC参戦Dr     155Q4
 4th Dr 魚田デシルバ選手   DCS参戦Dr     Evo2
 5th Dr イケメン稲岡選手   ARC参戦Dr     GTVTB
 6th Dr Tana選手     ARC参戦Dr     156TS
 7th Dr ちぇざ〜れ井上選手  ARC、DCS参戦Dr 155Q4、16V 
 8nd Dr コルソマルケ池田選手 DCS参戦Dr     Evo2
 9th Dr プリンス平沼選手   DCS参戦Dr     Evo2
10th Dr マッシモ石塚選手   ARC、DCS参戦Dr 147TS、16V 
11th Dr ジャンカルロナカムッラ選手 ARC参戦Dr  GTV3.2

さて、スタートです。トップバッターのHiro選手が走行を終えて、総合64位の好位置。
よし、イケル!と思ったのも束の間、ドラマが始まりました。
途中経過グラフを見ると2時間後に
順位が100位迄急降下・・。果たしてその原因は・・・
詳しくはTanaのHPをご覧下さい。



メニューへ(Event Menu)