寄せ書きワンオフDELTA(2003.7.10)


Delta Evo2

 このHPは主に趣味のイベントを対象としてご紹介してきたが、今回はちょっとお仕事上の話。
私はSE(システムエンジニア)の職に付いて、今年で17年目。
7月1日付けで今まで10年間勤めた担当を去ることになった。
10年間というとあっという間であったが、節目節目に色々なイベントがり、グループも幾つか渡り歩いてきた。
中でも、平成10年から12年までの3年間に携わったプロジェクトは、非常にミッションクリティカルなものであり、
プレッシャーが大きかった。その分、チームメンバの団結力は強く、私にとっても非常に勉強になり、かつ心に残るプロジェクトであった。
その仲間達とは最近になっても飲み会等で集まることも多く、よく当時の苦労話などをして盛り上がるのであった。
私は事実上そのプロジェクトのリーダとして参加させてもらっていたが、その仲間達が先日私の送別会を企画してくれたのであった。
私はカラオケが大好きなので、1次会から皆で歌いまくって、いつもの様に盛り上がっていた。
その仲間達の中には、私に影響されラテン車に興味を持ち、今はプジョー206に乗っている者もいる。
そんな仲間達から、宴も押し迫った頃、とても心温まる記念品を頂いた。
普通、寄せ書きというと色紙にみんなの贈る言葉が書かれたものが多いのだが、その仲間達からのものはひと味違っていた。
なんと1/18のデルタのミニカーにみんなの言葉が書かれたものだった。(トランクルームの中までも)
仕事上で、あまり人に涙を見せたことが無い私だったが、これを皆からの拍手の中で受け取った時は、さすがにグッときてしまった。
私が車好きであり、デルタに乗っているということを理解しての心憎い演出だった。
本当にありがとう。感動しました。大切にします。
家に帰って、妻に「みんなから、これ貰ったんだよ。」って見せたときに、また泣いてしまった。(^^;
いつまでも、仲間で居たい。仲間って良いなとつくづく思った。
歳をとったのか、最近とても涙もろい私であった。

お宝



メニューへ(Event Menu)